ちひろ@わかばのリワマヒ日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 短編SS「バイトで大惨事!?」

<<   作成日時 : 2008/01/19 12:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 その日、紆余曲折あって今や立派なリワマヒ藩国民&リワマヒ陸軍医大生となったちひろは、バイトとしてリワマヒ陸軍医大付属の薬品研究センターに出向いていた。
「うわ〜……これ全部、採集班が採ってきたものなんですかぁ」
 手に持ったリストに従って、猫士達が採集されてきた植物の花や葉や根、実、種子、樹液などを手際よく仕分けていくのを、ちひろは圧倒されたように見守る。担当官は、こいつ大丈夫かというような顔をしながらも、黙って頷いた。
 確かにそれは、圧巻される光景だった。山と積まれた採集物を収納したコンテナ。時に10メートル以上の生長を見せる植物の為にか、三階層吹き抜けになった天井からはフックが幾つも垂れ下がっている。縦横に走るベルトコンベア。その間を抜けていく、素人目には何の変哲もない植物たち。あらかじめバイトの内容を教わっていたものの、ちひろの目は宝の山と言っていいそれらのものに釘付けになっていた。
 なにしろリワマヒは、国土は小さくとも共和国の食料庫を自認し、それを周囲が認めるだけの食料輸出国だ。その源は、滋味溢れる大地にある。当然の事ながら、そこで育つのは食料になるものばかりではない。リワマヒでしか採れない薬品の原料たる植物たちも、数え切れないほど存在する。
 今まで事典や研究書でしか見たことのないそれらを目の当たりにしては、ちひろの目が爛々と輝くのも無理はなかった。
「サンプルなら、学部の研究室でも見たことはあるでしょう?」
「ありますけど……ここまでの種類は……」
 応える声も、半ば譫言気味に揺れている。溜息をついて、担当官は先へと彼女を誘導した。角を曲がると倉庫は視界から消える。
「ここから研究室のエリアだから、くれぐれも気をつけて」
「へ? 気をつける?」
 風変わりな注意に、きょとんとなるちひろ。貴重な資料を雑に扱うなとかそういうことだろうか。いくら何でもそこまで乱暴ではない……多分。
 判りました、そう答えようとしたちひろの目の前で、担当官は不意に白衣をひらめかせて床にダイブした。え、と思う間もなく、視界に沢山の黒いものが。
「ぎゃわぁぁぁっ!?」
「もう! 教授、ドアはきちんとロックして下さいとあれほど!」
 拳大の固い何かに急襲されて廊下にぶっ倒れたちひろの耳に、担当官の怒鳴り声とすまんすまんという、お気楽な返事が届く。
「い、いたた……」
 強烈に痛い。涙が出てきた。立ち上がる気力もなく近くに転がったそれを手に取る。
「リ、リワマヒホウセン樹の種……?」
 見た目は確かにそうだ。しかしそれは、ちひろの知識にあるそれの倍の大きさがあった。こんなものをあの速度で頭に食らえば、一発で脳震盪だろう。
「……軍事用?」
「違います! ここ最近生育のいい亜種が発生しつつあるので、調査しているだけです!」
 何を呆けているのかこの子は、そんな剣幕に思わず首をすくめて、ちひろはようやく立ち上がり、メガネの位置を直す。
「なんでそんなことに?」
「それも調査中です。土壌の状態が『放射性物質吸収ヒマワリ』の働きで良化しているなど、仮説はいろいろありますが」
「は、はい……」
「ともかくそんなわけですから、くれぐれも気をつけて。巨大化したり変容している種は、ホウセン樹ばかりではありませんからね」
「はい、判り……?」
 答えかけたちひろは、背中からつんつんと誰かにつつかれる感触に振り返った。何か、得体の知れないものがくわっと口を開けて……口?
「……手遅れでした〜〜っ!」
 がっぷりと食いつかれて空中に持ち上げられながら、ちひろは目の前にお星様がちりばめられていくのを感じていた。暗転。

 巨大化したヴィーナス・フライ・トラップに運ばれていくバイト生の姿に、慌てず騒がずセキュリティコールを発しながら、担当官はその先にある部屋から顔を覗かせたさっきとは別の教授に向かって眦をつり上げた。
「だから! ドアはきちんとロックして下さいと何度言ったら判るんですかーっ!」

 こうしてちひろの新しいバイトは、始まる前から挫折を余儀なくされたのであった。
 最後に一言。
 ちひろ「ま、負けるもんか……っ!」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
短編SS「バイトで大惨事!?」 ちひろ@わかばのリワマヒ日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる