ちひろ@わかばのリワマヒ日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 春!

<<   作成日時 : 2008/03/29 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 うちの家には小さいながら庭がありまして、ガーデニング好きな母親が植えた花なんかもいっぱいあるのです。その庭に現在咲いている花は八種類。桜に始まり椿、ボケ、パンジー、水仙、デンドロビューム、あと名前が判らない白い花が2つ。この前までは梅が咲いていて、もうすぐ花開くのが都忘れとツツジとバラ、なんだそうです。そんな会話を花の中で母親としていたら、ふとうちの国も春は凄いんじゃないかと思いまして。
 そんなわけで書いてみたのがこちらの文章。「リワマヒの春」というタイトルです。

*****
 春、リワマヒ国は花の香りに包まれる。

 冬の降雪で高地に蓄えられた芳醇な水は雪解けと共にリワマヒ川を増水させ、上流から下流へと大地の滋味を押し流して運ぶ。その中に含まれた多くの種子達は、柔らかく栄養にあふれた地中に護られ、やがて夏季へと向かうリワマヒに照りつける日差しに誘われるようにいっせいに芽吹き、そして生長する。
 春から夏へと巡る短いこの季節、リワマヒに咲き乱れる花々は多種多様だ。緑に満ちた草原にも、生い茂れる木々にも、短い季節を謳歌するように、己の美を競い合うように、いっせいに咲き誇る花々たち。国土全体が壮大なカンバスへと変わり、あでやかな色が人々の瞳を潤していく。

 リワマヒ医大の薬学部の研究発表によれば、リワマヒ国に生育する植物の種類は現在約三千種に上り、そのうち花を咲かせる種類は二千種を越える。そしてそのうちの六割以上がこの短い季節に花を咲かせる‥‥‥と知れば、狂い咲くとさえ称される百花繚乱ぶりを感じ取っていただけるだろうか。
 薬草学が発達したリワマヒの医術では、この花々の中にも重要な意味を持つものが多い。薬の原料になるのは勿論、消臭や殺菌効果といった衛生面での効能が高いものもある。見目麗しさや馥郁とした香りによる精神面への効果も、ここ数年で研究が進められている。
 そして、それ以上に多様な方面で、花たちはリワマヒの生活に深く根ざしている。単純に生花として家に飾ったり親しい人への贈り物としたりの他にも、例えば染料の原料にも、料理の素材や彩りにも、香水の材料にもなる。
 この季節はリワマヒの誰もが、仕事趣味の別なく花かごを持って野山へ出かけ花や蜜を集める。勿論おおらかな気質で食にうるさいリワマヒの民達だ。沢山の料理を持って連れだって出かけ、長い休みを間に挟みながらの一日行事になるのが常だ。花を集めに来たのか、ピクニックを楽しみにきたのか‥‥‥いや、彼らにとってはどちらも同じことなのだ。
 遊びを楽しむように働き、働く時と同じように真剣に遊ぶ。それがリワマヒ気質というものなのだろう。
 
*****

 例によってかなり好き勝手書いてますが(笑)、藩国設定の一環になるならいいなぁ、と。一応藩王様にお尋ねして、藩国のBBSにも同じものを載せてさせてもらいました。いつも通り感想批評つっこみ等24時間受け付けておりますので、どうぞよろしくです〜。
 こういう文章ならけっこう書けるのですが、いかんせんどこって分類が出来ないですよね。なかなか悩ましい話だ(笑)。

 一方で、ここのところのうちの国のアイドレス取得も熱い感じでわくわくしますね! 私も思わず後先考えずに(いや、一応考えはした・・・死ななきゃいいかと(笑))15マイルを「植物使い」にぶっ込んできましたvv 植物使い・・・夢が広がりますね(妄想とも言う)♪ 
 植物系ウォードレスも、いろいろ考えさせられる感じで。うちの特色を出せるウォードレスか・・・朝方ざっと思いついたのをBBSにあげはしましたけど、もう少しいろいろ考え中。こういうのも、楽しいですねぇぇ。HQ狙い、どこまで貢献できるか判らないけど、頑張ろう〜v

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春! ちひろ@わかばのリワマヒ日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる