ちひろ@わかばのリワマヒ日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 【設定SS】植物性WDの開発風景

<<   作成日時 : 2008/04/27 19:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ふぅむ……やっぱり装着時はともかくある程度動き回ると若干肌とのズレが生じるみたいだなぁ。反応速度にばらつきが出てきてる……各所をきっちりと留められるようなプロテクターを、上から装着する必要があるみたいだ」
 呟きを漏らしつつモバイルPCにデータを打ち込んでから、その技術者は嬉しそうにインカムに触れた。
「じゃあ次は垂直跳びね。僕たちの試算ではあの壁に赤でマーキングしてある場所まで、飛ぶことが出来るはずだから。一人ずつよろしく」
 それほど広くない真っ白な壁に囲まれた部屋の中、つい先ほど国民登録を済ませたばかりの銀倖斗、冬摩彼方の二人は、荒い息をつきながらガラス窓の向こうの技術者を恨めしげに見返した。身につけているのはいずれも、リワマヒのバイオテクノロジーの結晶であるウォードレス、『謙者』である。糾し見た目は植物の皮がだぶだぶと全身を覆い尽くしているように見え、まったく強そうには見えない。有り体にいってちょっと格好悪い。その上着心地としては全身がぬるいお湯に浸らされているような感覚なのだ。いや、体にまとわりついてくる感じからいって、お湯というより油かもしれない。正直最先端の技術の粋を極めたものだとは到底思えないのだが。
 ちなみに二人がなぜこんなところにいるかといえば……ちょっと怪しげな白衣の集団に歓迎会と称して連れ去られたせいである。時には人を外見で判断した方がいいかもしれないという、一好例かもしれない、合掌。
「あの‥‥‥少し休ませてもらえませんか?」
 技術者が示した壁の赤いマーキングは、普通に考えてあり得ない高さに示されている。冬摩と顔を見合わせ、銀は恐る恐る訴えてみた。銀縁眼鏡の奥の目をキラリと光らせたのが、言葉より早い技術者の返事だった。
「何を言うんだい、君達。この『謙者』には身体の諸機能が向上する機能が組み込まれているんだよ? この程度で疲れるわけがないだろう」
「いや、あの」
 個人的侮辱を受けたと言わんばかりの憮然とした返答に、銀は半ば慌てて口を挟もうとして……言葉を失った。きぃぃっと向けられた視線にやばさを感じたせいでもある。
「いいかい君達、この『謙者』はリワマヒのバイオテクノロジーの結晶だよ? 着る前に内部を見せただろう? あの胞子嚢には『弾糸』……つまり君たちの筋肉の動きに反応し力を増幅する伸縮細胞を含んだ粘液を分泌する働きがある。要するに君たちにも理解できるようにいうと、他のウォードレスにある工学的に作り上げた人工筋肉が人間の能力を向上させるのと同じ働きを、この『謙者』は植物が生まれ持つ特性を最大限に高めることによってなし得ている。今君達は、水に浮いているときと同じように体を軽く感じているはずだ。それもまた『謙者』の内部に分泌される粘液のなせる技というわけだよ。君たちがなにか動作をする度に、その信号を弾糸が受け取って伸縮細胞を同調させる。その反応速度は実に0.05秒! 判るかい、そうして君たちの力が必要最小限以下に抑えられるように、この『謙者』は常に君たちを守り、サポートし続ける。それを、はっ、疲れたなどと!」
(理解できたか?)
(いや、早口すぎて)
(つーかマッドだよ、マッド)
(俺、日常会話で「はっ」なんて言う人、初めて見たよ)
 思わずぎりぎりまで声を潜めて、ひそひそと意見を交わしあう。違う部屋にいるのだから聞こえやしないだろうと思うのだが、何があるかわからない怖さというのはあるからして。
「何をこそこそ話しているのかなぁ?」
 にまぁっと笑いかけられて(お約束的に目はちっとも笑っていない)、背筋が凍った。怖い、怖すぎる。すみません勘弁して下さいなんて、身を投げ出したくなる。
 まぁ確かに、このちょっといっちゃってる系の技術者の言う通り、身体にはほとんど疲れは感じられない。これを着せられてこの部屋に放り込まれてからそろそろ半日くらいは経っていそうだが、身体の方は寧ろすっきりとしている気がする。
 だが。それはそれとして。
 精神的疲労感というのは、どーーーしようもないわけで。
「ようし、納得したところで垂直跳び開始。僕がいいっていうまで続けてね」
 誰も納得してないっつーの、そう突っ込めたらさぞかし気分爽快だろうな。二人は顔を見合わせて相手の目の中に同じものを見出だし、同時に深ーくため息をついた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【設定SS】植物性WDの開発風景 ちひろ@わかばのリワマヒ日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる